kimonoweb@dec11.psd

Kimono(着物)から洋服へ

イデムの ビスポークと
着物のマリアージュ
着物で洋服を仕立てる。

いままで触れる事のなかった領域に
踏み込むには、心構えが必要でした。

日本の風土の中で、生まれ、
育まれた着物は、
織物としての存在感、染めや、
刺繍などの装飾にいたるまで、
ただ広げるだけで
日本人としての感性を揺さぶられます。
その着物に鋏を入れるのは
簡単ではありませんでした。
安易に洋服の型紙を
はめ込んではいけない気がしたのです。

着物として残した方が
いつまでも変わらぬ価値を保ち続ける
という考え方もあるかもしれません。
でも、身につける物として生まれた着物が
箪笥に閉じ込められていて
良いのかと思ったとき、
たとえ何代先まで残す事ができなかった
としても、洋服として新たな命を吹き込み、
着物として使われていた時の輝きを
少しでも取り戻せるとしたら、
挑戦してみたいと思うようになりました。

初めの作品は…

2011年初春、パリでの
展覧会のために振り袖を使ったコート。
その後は、祖母の着物を次々と洋服へ。
羽織や、単衣の着物、帯、
出来る限りのアイディアを盛り込んで
サンプルを製作しました。

着物のまま、あるいは反物、
どちらでもお手持ちの物を
イデムへお持ちください。
洋服に向くもの、向かないもの、
どんな デザインが良いかなど、
ゆっくりご相談させて
いただきたいと思います。

例えばジャケット…

お仕立て    ¥169,000〜
仮縫い      ¥34,000〜
洗い張り     ¥8,400〜